鈴鹿タウンガイド

近代建築・洋風建築・産業遺産などのTOP

旧名古屋第一赤十字病院玄関

現在:玄関のみ跡地に残る  昭和12年(1937年)開院

場所:愛知県名古屋市

現地カンバン引用

当院は、人道・博愛の赤十字制振のもと貧困者の診療や救護・看護士を養成するために、1937年(昭和12)年日本赤十字社愛知支部病院として開院しました。その後、戦時中には戦傷病者を収容する陸軍・海軍病院を経て、1954年(昭和29)に名古屋第一赤十字病院と改名して現在にいたっています。

 このモニュメントは、全面改築工事のためにすべて取り壊した旧病棟のうち唯一、病院開院以来の旧本館、初代玄関の一部をそのまま残したものです。モダンな車寄せと戦前に流行した表現主義といわれる建築様式の重厚な構造が特徴で、歴史的価値の高い建造物です。

「旧日本館玄関」は、激動の昭和と平成の時代をたゆまなく地域を見守り続けた病院の象徴として過去から未来へ歴史をつなぐ遺産のひとつです。

ここまで 

この旧玄関の背後には屋上にヘリポート施設をもつ巨大な新館があり。病院の過去と未来が同居している空間に歴史を感じます。

名古屋赤十字第一病院

名古屋赤十字第一病院

名古屋赤十字第一病院




TOP



鈴鹿タウンガイド

Copyright 2000-2018  tanigawaya

ルーフボックス購入なら、THULEプロショップの有限会社谷川屋