鈴鹿タウンガイド

近代建築・洋風建築・産業遺産などのTOP

旧 赤松家 門・塀・土蔵

所在地:静岡県磐田市

赤松家

現地カンバンから引用ここから>>>

 旧赤松家 門・塀・土蔵(静岡県・磐田市指定文化財 建造物)

 ここに復元した門・塀・土蔵は、近代日本の造船技術の先駆者赤松則良(あかまつのりよし)によって、明治25年ころに建てられた。門を中心に両側に伸びる兵と、二棟の土蔵で構成される。

 門は切妻造り(きりつまつくり)の一戸門(いっこもん)で、左右に門番所が併設される。門番所は布石積基礎(ぬのいしづみきそ)の上にフランス積みのレンガ造りとし、上部は木造漆喰塗仕上げ(もくぞうしっくいぬりしあげ)される。

 塀は三和土(たたき)の基礎に長手(ながて)積み手法によるレンガ積みの部分と、三和土積みだけで成り立つ部分が併用されている。

北側の土蔵の壁は塀と一体をなすが、南土蔵は単独で建てられている。

三和土積みと、レンガ積み塀が併用された姿は、明治建築の特徴をよく表現している

The building reconstructed here (the gate, the wall, the storehouse) was built by one of the pioneers in modern Japanese shipbuilding, Noriyoshi Akamatsu, in 1892.

This building was laid out with the gate as its center, the wall on both sides of the gate and two storehouses made of walls plasttered with mud and mortar,

The wall using brick and TATAKI(the original form of Japanese cement block) at the same time characterizes the MEIJI era style of architecture.

磐田市教育委員会文化財課

 ここまで

門・門番所

旧赤松家

旧赤松家

旧赤松家

旧赤松家

土蔵

旧赤松家

旧赤松家

旧赤松家

旧赤松家

旧赤松家

旧赤松家

旧赤松家

旧赤松家

旧赤松家

旧赤松家

旧赤松家




  鈴鹿タウンガイド管理人 たにがわが書きました


TOP



鈴鹿タウンガイド

Copyright 2000-2018  tanigawaya

ルーフボックス購入なら、THULEプロショップの有限会社谷川屋