鈴鹿タウンガイド

近代建築・洋風建築・産業遺産などのTOP

旧昭和塾堂付属体育館(現在:養心殿)

昭和6年(1931)2月  木造平屋建て

場所:愛愛知県名古屋市千種区城山町(城山八幡宮境内敷地内)

名古屋市千種区HPより引用

旧昭和塾堂付属体育館として昭和6年2月に建設され、現在は、武道場「養心殿」として使用される

ここまで 

愛知学院大学楠元校舎名古屋地方気象台とあわせて コインパーキングにクルマを停めて徒歩で行ったときの写真です。  

 城山八幡宮からおりてくると見え始める昭和塾堂。柵や雑草・木でよく見えないまま建物をよこぎって歩いて坂をおりていくと右手に見え始める古い建物。

養心殿

養心殿

養心殿

養心殿のエントランスにあるような模様をつけるのは、三重県四日市市にある亀山製糸室山工場にも同じようなものがありますね。こういうスタイルが流行りだったのかな?

養心殿

現在も利用されていて この日も実際にこの施設を利用している人々が次々に出入りしていました。




TOP



鈴鹿タウンガイド

Copyright 2000-2018  tanigawaya

ルーフボックス購入なら、THULEプロショップの有限会社谷川屋