鈴鹿タウンガイド

近代建築・洋風建築・産業遺産などのTOP

四日市宿跡:三重県四日市市

所在地:三重県四日市市

現地カンバンから引用ここから

四日市宿陣屋(四日市代官所)

四日市町は江戸時代、享保九年(1724)~享和元年(1801)の大和郡山藩領時代を除き、天領(幕府領)であった。便宜上、享保九年以前を第一次天領時代、享和元年以降を第二次天領時代という。慶長八年(1603)幕臣水谷九左衛門光勝が堅町の東側に代官所を築き、幕府領支配の拠点とした。代官所は江戸時代を通じ、この地を移動することはなかった。。

 第一次天領時代は、九左衛門を初代として二十四代の代官が任命されている。大和郡山藩領時代にも、やはり付近の藩領を支配するためここに代官が派遣されだ。第二次天領時代になると、信楽代官多羅尾氏の支配を受けて、出張陣屋がおかれた。多羅尾氏は千五百石の旗本で、代々信楽代官を勤めたが、四日市陣屋へは手付・手代を派遣して支配にあたらせた。手付・手代の数は、天保十年(1839)には信楽詰二十二人、江戸詰九人、四日市詰二人であった。

 陣屋の建物自身には時期によって変更があったようであるが、詳細は不明である。写真の建物の絵図には部屋数が四十二となっている。なお、陣屋の建物は明治維新後、度会県支所、安濃津県支庁さらに三重県庁となったが、明治九年(1876)の伊勢暴動の際にすべて消失した。 平成十三年十月

ここまで

東海道を四日市をとおり日永の追分と通って、鈴鹿の石薬師宿 さらに庄野宿へ昔の人が旅をしてたんですね。

大和郡山城には先日(2011年)に行きましたが、四日市が領地になっていたことがあるなんて以外な縁があるんですね。

このすぐ近所には「なが餅」で有名な笹井屋さんがあります

四日市陣屋

四日市陣屋

 




  鈴鹿タウンガイド管理人 たにがわが書きました


TOP



鈴鹿タウンガイド

Copyright 2000-2018  tanigawaya

ルーフボックス購入なら、THULEプロショップの有限会社谷川屋